« 至福の時ですなぁ。 | トップページ | 二者択一 »

2006.06.12

雲取山に「猫バス」あらわる?

H180612web_2 昨日は若い若い高校生らと東京都最高峰の〈雲取山〉へ。

あいにくの雨でしたが、標高2千メートル付近はまだ新緑の瑞々しさが残っていて、それらが雨に洗われてかえって山全体が新鮮に見えました。

 

さて、この写真は・・・

そんな雲取山直下の1750m地点にある「猫バス」のバス停です!(笑)

その証拠に、停留所には、(左:雲取山)、(ここ:おくたま小屋)、そして(右:あっち)と書いてあります。

そうこうしていたら、下からにわかにガスが立ち上ってきて、あたり一面幻想的な雰囲気に包まれて・・・真っ白な霧を切り裂くようにまさしく「あっち」からバスがやってきそうな気配がしました。

 

しかし、待てど暮らせど何かのトラブルが生じたのかとうとう迎えにきてはくれませんでした。

私らは仕方なく、自分の足で山頂を目指すことにしたのでした。H180612web_3

 

それでも、「猫バス」の代わりに雨中の山ならではの「動物ショー」を楽しむことができました。ブナ坂をヒーフー登っていると、目の前をリスが横切ります。

さらに鬱蒼とした木立の枝先がにわかに揺れ始めたかと思いきや、彼らのテリトリーを侵してしまった我々を威嚇するように野猿の家族が大移動。

そして、いい加減うんざりするほどの長大な石尾根を下るなか、残り少ない行動食のチョコレートを分け合っているそのすぐそばで、実にうまそうに新芽の草原をムシャムシャとついばむ鹿たちの姿。

 

ただ、唯一残念だったのは、熊のプーさんに出会うことが出来なかったことでしょう。(笑)

|
|

« 至福の時ですなぁ。 | トップページ | 二者択一 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

猫バスが来るようなところですね。
私も昨年だったかバンビをここで見ました。猿もいるんですね。猿害はないのかしら。鹿は増えすぎて捕獲作戦が取られたと新聞に書いてありました。ブナ坂は晴れていると気持ちのよいところなんですがね。

投稿: shimo | 2006.06.13 07:37

宮崎駿監督の世界のようで。。いいなぁ♪
しかし雨の中 お疲れ様でした!

投稿: りんごママ | 2006.06.13 20:43

>shimo様

奥秩父の醍醐味を味わいに、苔むした森林深く金峰・国師まで久しぶりに足をのばしたくなりました。

投稿: moai | 2006.06.13 21:58

>りんごママ様

雨のおかげで、延々とつづく石尾根のその先がまったく見えなくてかえってよかったのかもしれません。(笑)

投稿: moai | 2006.06.13 22:01

わぁー 猫バスだ!
もし、やってきたら絶対に乗ります!乗りたいです~
雲取山はまだ行ったことがありません。東京の最高峰ですものね、行ってみないと。
高校生なんて、最近山で見かけませんねぇ。さぞかし、元気なんでしょうか?

投稿: tomomi | 2006.06.15 23:27

>tomomi様

みるみるガスが上ってきて
本当に「猫バス」が登場しそうな雰囲気でした。

いまどき珍しく自分たちから山に登りたいと希望してきた頼もしい連中です。
大事にしたいですね。

投稿: moai | 2006.06.16 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/10500701

この記事へのトラックバック一覧です: 雲取山に「猫バス」あらわる?:

« 至福の時ですなぁ。 | トップページ | 二者択一 »