« こうるさい「この国」の私 part1 | トップページ | 〈2007湘南国際マラソン〉実現! »

2006.07.18

「おふくろさん」要らず?

H180717bokka_1 この週末は、高校生の男の子達と丹沢の通称「馬鹿尾根」、大倉尾根へ歩荷(ボッカ)訓練に行ってきました。

あえて、ザックに河原の石を詰め込んで約30kgの荷物を持って7km先の塔ノ岳を目指します。

 

あいにく、ジメジメ、シトシト、ビュービューと雨中行軍となってしまいましたが、真夏の太陽がカンカン照りであるよりは恵みの雨となったようです。

 

さて、パワーの源泉ともいうべきその前夜の夕食は・・・ 

 

「おふくろ」の味の定番、 〈肉じゃが〉に味噌汁 でした。

 

飯の水加減は、人差し指の第一関節まで入れること!

コッフェルの蓋にはふきこぼれ防止と、圧力がけのために新聞紙を巻くこと!

そして、飯は目と、なにより「鼻」で炊くこと! …etc…

 

ふだん、家では上げ膳据え膳の生活を送っているだろう彼らも、ひとたび山に入れば、こうした食のための苦労を通じて自分の欲を満たしていくことに努めねばなりません。

 

H180717nikujaga そうこうしているうちに、すべての具がダイナミックな切り口の特製「肉じゃが」が完成しました。肝心のお味の方は、といえば、・・・

・・・私の下した評価は・・・「おふくろさん」要らず!

慣れない手つきながらも皆の協力が、なによりのスパイスとなって、美味を生み出しました。

 

このお陰をもって、翌日の苛酷なまでの強化訓練は、全員が山頂まで荷揚げするというがんばりをしめすことができました。

 

H180717kakashi 帰路、麓の秦野市の畑には、カラフルな案山子たちがその番をつとめていました。みな一様に折からの雨に濡れそぼっていましたが、あたかも疲れた身体に湯滝を浴びているかのように見え、果ては「鶴巻温泉」か、「七沢温泉」か、とにわかに温泉マークが頭の中を駆け巡りはじめたのでした。

|
|

« こうるさい「この国」の私 part1 | トップページ | 〈2007湘南国際マラソン〉実現! »

「登山」カテゴリの記事

コメント

まさに「男の料理!」って感じですね

本当に美味しそう~

うちのチビも 十数年後はこんなダイナミックな

逞しい高校生に成長しているのかなぁ

その時は moaiさん ヨロシク!!(^^ゞ

私はこの週末は

役員になって初めての一大イベント。。。

幼稚園の「夏まつり」に 全力投球でしたー

投稿: りんごママ | 2006.07.19 00:40

「おふくろさん要らず」…何かニュー商品のネーミングにぴったし。売れそうな予感がします。

肉じゃが、美味しそう! お米炊くとき新聞紙を巻くとは知りませんでした。

30kgは重そう!! 私はたぶん背負ったことがない重さかもしれません。
皆さんいっそう逞しく、鍛えられたことでしょう。

投稿: runrun | 2006.07.19 16:49

>りんごママ様


夏まつりですか!
園児らはさぞかしたのしんでくれたことでしょうね。
お疲れさまでした。

投稿: moai | 2006.07.19 21:20

>runrun様

いやいや、runrunさんは、はかりしれないほどの「人生」の重みを背負ってらっしゃいますから。

※ところで、大雨たいへんですね。ここまでになると冗談じゃすまないですが・・・用心してください。

投稿: moai | 2006.07.19 21:24

なつかしぃ~
私も高校生のとき、同様に大倉尾根を歩荷しましたよ・・・
ずーっと登りのうえに、日差しをさえぎるものもなく、辛かったです。
なんどもバテました。
当時、丹沢はまさに訓練登山目的だったので、いつもテント装備を担いでいましたね。
今は日帰りのザックなので、軽々?かな。

まだ、こういう高校生いるんだ!
嬉しくなりました(^^)

投稿: tomomi | 2006.07.20 21:58

>tomomi様

昔と比べて、「花立」あたりの赤土斜面は階段がついてずいぶん歩きやすくなりましたよ。

昔とった杵柄で、いかがですか、30K背負っての歩荷は?

投稿: moai | 2006.07.20 22:42

ふきこぼれ防止と蒸らし効果のため、新聞紙を巻く・・とか、ごはんの炊き上がりは鼻を利かす・・とか、2倍はありそな切り口の「おふくろさん要らず」完成!
雨中のボッカ行軍にも耐え抜いた、さすがmoaiさんの愛弟子たち。
実にしあわせだなぁ! いいなぁ!!

ところでつい先日、長野の「すずらん峠」から入り、可愛い高山植物が乱れ咲く尾根歩きして
八子ヶ峰に登頂。頂上目前の苦しい私の横を大の字で指しゃぶり中の赤ちゃん、パパの太い腕の中を覗き込んだら、そのつぶらな瞳に真っ青な空が宿っていて感動!!
「うあぁ!いい山男になりますよぉ」と思わず声掛けた私に、すかさず返ってきた言葉は・・・・
「実は、ベビー服水色だけど女の児です」
とパパさん。ご一行さま大爆笑が山にこだまして
当の赤ちゃん泣き出した!!

投稿: 幸せコスモス | 2006.07.24 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/11001573

この記事へのトラックバック一覧です: 「おふくろさん」要らず?:

« こうるさい「この国」の私 part1 | トップページ | 〈2007湘南国際マラソン〉実現! »