« ドリームズ登山隊、いよいよ夢を現実に! | トップページ | 花も嵐も・・・ 《南アルプス北部縦走》 »

2006.08.05

おいらも明日から《アルプス》へ行くぞ!

野口健さんのブログによれば、ドリームズ登山隊のヨーロッパアルプスは悪天候で吹雪のようです。慎重に、かつ天候の回復を待って、果敢にアタックしてほしいと思います。

 

さて、わたくしもその余勢をかって明日から《アルプス》へ出かけます。

といっても、《日本アルプス》ですが・・・。

 

H180805_001 このたびの縦走は、山梨・長野・静岡の三県にまたがる南アルプス。

赤石山脈の北部を約1週間かけて高校生らと縦走いたします。

 

 意外に知られていない国内標高第2位の

  銀メダリスト「北岳」

 その「北岳」とともに3000m峰が連なる

  白峰三山の「間ノ岳」 「農鳥岳」

 さらに、ちょうど南アルプスの中間に鎮座し、

  立派なバットレスをもつ 「塩見岳」

 くわえて、日本最高所にある

  三大峠の一つ 「三伏峠」

 

急げば、それこそトレイルランしてしまえば、

三日間で抜けてしまえる行程かもしれません。

しかし、ここはじっくりと夏山の、そして3000mの稜線散歩を味わいたいと思います。

 

とりわけ、同行する高校生らはみんな初心者。

山中でのテント生活もいまだ連泊すらしたことのない素人集団です。

 

そんな彼らが・・・水場まで往復1時間かかるような高山へ、テントを担ぎ上げ、食事は実に19食分、行動食7日分、さらに予備食2日分、主食の米13合を背負って歩き通そうというのですから・・・きっと思いがけないドラマが見られることでしょう。

 

そんな彼らと今日の午後はスーパーへ食料の買出しへ。

何メートルにも達しようかというレシートに周りのお客さんもそりゃ仰天。

こうした準備の大変さがまた、楽しいもんなんですな。

 

「あのう、歯磨きは・・・?」

「シャワーは浴びれますか?」

「シャンプー、リンスは・・・?」

 

いずれもまともに「NO!」と答えるより先に

思わず苦笑するしかないような質問の数々。

明日の新宿発の夜行列車「ムーンライト信州81号」に乗った彼らは、その一週間後、間違いなく一皮も二皮もむけて大きく成長した青年の、いや岳人の姿をしていることでしょう。

それもこれも、雄大な南アルプスの自然がそれを導いてくれるはずです。

 

わたくしも、一緒に汗を流し準備してきた彼らのために少しでもその手助けができればと思っています。

あっ、「汗を流し」で思い出しました。

三伏峠を後にして、最終日の13日、下山後は伊那大島松川町の まつかわ温泉「清流苑」に立ち寄ることに!(日帰り温泉400円)

こうしたアフターのプランニングは中年オヤジに任せてくださいな。

最初から、高校生にはちと贅沢かな・・・。

まあ、これも山歩きの醍醐味ということで。

 

「清流苑では、1週間ぶりにシャンプーリンス大いに結構!

 歯磨きだってOKだぞよ! お好きなだけどうぞ!!!」

 

 ※ ということで、明日6日から13日(予備日~15日)まで

   山にこもっていますので、ブログの更新はできません。

   涼しい、いや朝晩はセーターが必要なほどに

   寒々としたアルプスの峰上から

   みなさまの・・・

     暑中お見舞い申し上げてまーす!!!

|
|

« ドリームズ登山隊、いよいよ夢を現実に! | トップページ | 花も嵐も・・・ 《南アルプス北部縦走》 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

ホホホッ!!
純真無垢な?未経験だからこそ出た「問い」に、
笑いを堪え目をシロクロのmoaiさん。
準備品のレシートが「?メートル」とは・・・。
「富士~~~」直後からの訓練は、この縦走のためだったのですね。エライコッチャ!!

松川の「清流苑」には、数年前に入りましたよ。
一週間ぶりのシャンプー・リンス・歯磨きもOK。
露天風呂も食堂もグッド。

山での汗を流し合ういい光景が目に浮かびますよ
帰ったら、全員『岳人』に成長!!
ダントツの違いがこれまた楽しみですね。

投稿: 幸せコスモス | 2006.08.06 08:43

南アルプスいいですね。楽しんできてください。僕は、75キロのウルトラマラソンの筋肉痛が癒えたら、来週北岳を狙います。日帰りですが。。。

投稿: マカニ・トモ | 2006.08.07 14:28

充実した夏ですねー! 羨ましい。
台風の影響もどうやら少なかったかしら?
下山後のレポート楽しみにしてます。
三伏峠、懐かしいナ。昔、大鹿村鹿塩からの急な登山道を何回も行き来しました。
今は豊口山登山道の方がメインになってしまって旧道になりつつあると聞きます。moaiさん達はどちらコースを下山するのでしょう?

投稿: runrun | 2006.08.10 13:52

台風は大丈夫でしたか?
雨のテントも終わってみればいい思い出になるかと思います。うらやましいような天上のレポートを期待しています。

ところで、湘南国際マラソン、エントリーしちゃいました(^-^) ご一緒させていただきます。よろしく!

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2006.08.10 23:33

そろそろ帰り支度の頃でしょうか・・・。下界はひどい雨と雷でした。
私も今年はこのお盆休みに浅間山の隣の黒斑山へ行こうと思っています。山歩きは中2の八ヶ岳以来ン十年ぶりですが、この所始めたウォーキングの効果を確かめに行ってきます。
moaiさん南アルプスの疲れを癒してゆっくりとお休みくださいね。

投稿: sappi | 2006.08.12 19:36

moaiさん、
もう下山されたでしょうか?
北アルプスでも沢山の高校生や大学生のパーティーに会いました。
みんな頑張っていていいな~というのが、素直な感想です。
どんな山行となりましたか?
とっても楽しみです。

投稿: tomomi | 2006.08.14 19:27

>幸せコスモス様

ほんとうに、若い連中の柔軟な吸収力には感心しました。弱音を吐かず、よくがんばっていました。
台風の晩も、雷雨の一時間も、かえってその時を楽しんでいるようでした。

投稿: moai | 2006.08.15 10:57

>マカニ・トモ様

仕事柄、贅沢にもゆっくりと縦走してきました。
やっぱり、山はゆっくり考えごとしながら「歩く」のがなによりですな。(笑)

投稿: moai | 2006.08.15 11:00

>runrun様

そうなんです。今年から塩川にはバスが入らなくなったのですよ。やむなく豊口に下りました。
それにしても、タクシーの車窓から見た伊那大島の駅の様子が昔のままだったのが胸キュンとさせられました。

投稿: moai | 2006.08.15 11:03

>野川のカルガモおとーさん様

最近の台風は気合がたりませんなあ!(笑)
下りてきた今になってみれば・・・。

湘南、楽しみです。がんばりましょう!

投稿: moai | 2006.08.15 11:05

>sappi様

なんとか、予定通り下りてきました。
なんだか、sappiさんも、「歩く」こと(はては「走る」こと?)に目覚め始めていらっしゃるような・・・。すばらしいことです。
なにしろ、地の利を生かして、いろいろ足をのばしてくださいね。

投稿: moai | 2006.08.15 11:08

>tomomi様

はい、ゆっくり南アを堪能してきました。
わたしにとって、縦走の原点ともいうべきこのコースを、初心者の高校生らとあらためてたどることができたことは素朴な感動でした。
ただ、どこもトイレはよくなってびっくりでした。(農鳥小屋は昔の香り(臭い))

投稿: moai | 2006.08.15 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/11290039

この記事へのトラックバック一覧です: おいらも明日から《アルプス》へ行くぞ!:

« ドリームズ登山隊、いよいよ夢を現実に! | トップページ | 花も嵐も・・・ 《南アルプス北部縦走》 »