« 秋霖 | トップページ | 《乾徳山》行きは見送りました! »

2006.09.15

『〈野分〉を呼ぶ男』

17gou_1 よりによって、山行のたびに、ねらったように「台風」がお目見えとは。

八月の南アルプスでは、三千mの稜線上にて台風七号が頭上をかすめるようにして過ぎていった。

このたびの十三号はといえば、どうやら秋の台風らしくさらに勢力を増してのご登場らしい。

 

どうやら、自分をふくめて、関係者のなかに「雨男」ならぬ「嵐を呼ぶ男」がまぎれているらしい。お互いそんな疑心暗鬼にかられながら、前哨戦ともいうべきそぼ降る秋雨のなかを日々みんなで走り続けてきたのだが。

 

さて、「嵐を呼ぶ男」といえば・・・

 

 

♪ ~ 俺らはドラマー やくざなドラマー 

俺らがおこれば嵐を呼ぶぜ ・・・ ~ ♪

 

そんな裕次郎のメロディがきこえてきそうだが、

さしずめ、今の心境におきかえりゃこんな開き直りも、ありやなしや。

 

♪ ~ 俺らはランナー やくざなワンゲラー 

俺らが登れば嵐を呼ぶぜ ・・・ ~ ♪

 

ところで、勇ましくも荒々しいこの「嵐」とは別に、この国では「野分」(のわき)」という風流な言葉も存在する。

文字通り、「野の草を吹いて分けていく」ところからそう呼ばれているのだが、実際その「さなか」は今も昔も変わらず、そうそう生易しい風雨ではなかったことは想像に難くない。

 

ゆえに、かの清少納言も、あくまで、その「一過」の瞬間の方をとらえて、

 

「野分のまたの日こそ、

   いみじうあはれにをかしけれ」

           『枕草子』

 

としている。過ぎ去った翌朝のありようは、見慣れた景色とはどこか異なり、そのいたいたしいまでの無常のさまが、たいそう趣と風情をかもし出して、彼女の心を衝いたものなのだろう。

 

さて、今週末の「乾徳山」合宿。

少納言殿にも、同行願えるなら彼女はどんな嘆息をもらされることだろうか。

 

「野分の日、その日こそ、いみじう・・・」

|
|

« 秋霖 | トップページ | 《乾徳山》行きは見送りました! »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

少納言殿は きっと嵐にも立ち向かっていく
《野分》を呼ぶ男たちに 感嘆されることでしょう!

どうか台風が逸れますように。。

投稿: りんごママ | 2006.09.17 00:11

大丈夫!! 日本海に抜けるねッ。

それにしても、やくざなワンゲラー・嵐を呼ぶ男たちの「乾徳山」合宿。

「台風一過」の彼らの心を衝く情景もまた、感慨を伴う貴重な体験として「・・・をかしけれ」。

投稿: 沼津アルプス | 2006.09.17 10:12

>りんごママ様
>沼津アルプス様

今回は、むずかしい判断でしたが・・・
大事をとって「中止」と決断しました。

投稿: moai | 2006.09.17 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/11907375

この記事へのトラックバック一覧です: 『〈野分〉を呼ぶ男』:

» [嵐]
嵐は大野智くん、櫻井翔くん、二宮和也くん、相葉雅紀くん、松本潤くんから構成されるジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループです!メンバー大野智(1980年11月26日 いて座 - )A型( 愛称:大ちゃん - ) 櫻井翔(1982年1月25日 みずがめ座 - )A型( 愛称:翔くん - ) 相葉雅紀(1982年12月24日 やぎ座 - )AB型( 愛称:相葉ちゃん - �... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 04:42

« 秋霖 | トップページ | 《乾徳山》行きは見送りました! »