« 「顔」シリーズ | トップページ | 富士登山競走の後遺症か? »

2007.07.27

今年も「富士」は眺める山に

昨年同様、八合目の関門にかかり、またしても完走はなりませんでした。

体力、走力、気力、調整力、
いずれも不足しています。

頂上からの雄大な景色を想像する力だけはあるのですが。(笑)

慣れたもので、八合目から赤い砂礫の中を六合目あたりまで下りてきたころでしょうか、左手の急斜面上に、富士山では珍しいニホンカモシカの姿が。
ジーッと動かずこちらを見つめています。

「おまえさん、またしてもダメだったんかいな!
 しっかり鍛え直してまた来いや!
 ちなみに、斜面はこうして登るんやぞ!」

こうして、向きを変えたかと思うとブッシュ帯へ足早に移動して行きました。
その姿は、富士の神の化身に見えました。

また、夏休みの宿題は来年以降に持ち越しとなりました。

|
|

« 「顔」シリーズ | トップページ | 富士登山競走の後遺症か? »

「マラソン」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。疲労もより強く残っているのではないでしょうか。

moaiさんをもってしても完走がままならないとは...遠くからでも見える富士山は身近で優しい印象の山ですが、近づけば近づくほどその厳しさをあらわにする山なのですね。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2007.07.27 23:56

>野川のカルガモおとーさん様

今のところは、眺める山です。憧れの山でもあります。時とともに悔しさ、ふがいなさがこみ上げてきます。

投稿: moai | 2007.07.28 00:07

想像を絶する厳しさなんだろうな。
お疲れ様でした。。。
次こそ!っと思って、何度も挑戦する姿
素敵ですよ。
来年あたり 富士の神様も「やれやれ。。」と
微笑んで下さるかも。

投稿: りんごママ | 2007.07.28 01:11

第60回だけに過去最高のエントリー。実際の走者は(-)431人の2996人とか。
無念の思いのmoaiさんの前に、雲上にて忽然と現れた「化身」の有難き教示・・・
限界に挑む自分との「究極の闘い」という事に尽きる。
走るとき 走れば 走れ!
moaiさん 〈挑戦すること〉は 逞しい!!

投稿: 沼津アルプス | 2007.07.28 10:10

お疲れ様でした。
私も、八合目で終わりました。
来年の富士登山競走は絶対頑張りましょうo(^-^)o

投稿: HIDE10 | 2007.07.28 19:36

moaiさん、お久しぶりです。

富士登山競争、お疲れさまでした。
一年に一度にピークを持ってくるのは、
本当に大変ですよね。

特に人数も増えて、ますます大変に
なってきているのではないでしょうか。

僕は富士が遠くなっていますが、
いつかまた戻ってこようと思っています。

投稿: うっちー | 2007.07.29 12:49

>りんごママ様

早くも、来年の大会まで360日ほどしかありません。焦ります。

投稿: moai | 2007.07.29 19:27

>沼津アルプス様

唯一、「完走」をゆるしてもらえていない大会だけに、挑戦しがいがあります。

投稿: moai | 2007.07.29 19:29

>HIDE10様

お疲れさまでした。
雲上での祝杯をいつの日にか!

投稿: moai | 2007.07.29 19:31

>うっちー様

お久しぶりです。
相変わらず、一番高いところまで行けずにもがいています。
ぜひ、気力体力を充実して、また「富士山」に戻ってきてください!

投稿: moai | 2007.07.29 19:32

お疲れ様でした。
本当に心技体すべてがそろっていないとたどり着けない過酷なレースなのですね。。。
いつかは私もチャレンジしてみたいものです。

投稿: iyashi | 2007.07.31 10:49

〉iyashi様  噴火しないうちに極めないと!お互いに急ぎましょう。

投稿: moai | 2007.07.31 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/15920975

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も「富士」は眺める山に:

« 「顔」シリーズ | トップページ | 富士登山競走の後遺症か? »