« 行きはよいよい、帰りは・・・ | トップページ | 視野が広がりました »

2008.02.24

2/17 冷たい雪上トレ乱歩 〈青梅~名栗〉

今週末はあの日とうってかわって〈春一番〉が吹いて大荒れの天気です。
もし、一週ずれていたら・・・と思うと背筋がぞっとしますが・・・。
 
040 さて。遅ればせながら先週17日の《青梅~高水~棒ノ嶺 20kmトレラン》のアルバムがまとまりましたので、掲載いたします。
 
← 左のサイドバーにあるアルバムをクリック(約90枚)
 
それにしても、今年は予想以上の残雪に足を取られながらの「トレ乱歩」
  
ところで・・・、今回の山行でのキーパーソンはなんといっても高校2年生のN西君でした。
 

002  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
〇いよいよ出発という段になって、「あああ、リュックの中が水でビショビショだあ」
 スタートから彼はすでに「冷たい一日」を予感させていたのでした。
 
〇雷電山の登りにさしかかったあたりの残雪に足をすくわれて
 「あああ、滑るーーーこ、こわーーー」と一気に最後尾へ脱落していきます。
 
〇榎峠下で雪のない舗装路に出るや、「おらおらおら、おまえら何グズグズしてんのや!」
 俄然元気を取り戻し先頭に躍り出たのはいいのですが・・・。
 
027  
 
 

 
 

 
 
 
〇高水山の常福院手前からまた雪深い山道に入ると・・・
 その存在感は無に等しいまでに。「常」なる幸「福」など望んではならないのです。
 
〇黒山にて待望の昼食タイムでしたが・・・。「手袋が濡れて使えなーい!」
 ホットなカレーを独り占めするはずが、天罰が下り、世間の冷たい風当たりに曝されて。
 
060  
 
 
 
 
 

 
 
 
〇雪原広がる棒ノ嶺の山頂ではもう全身の感覚が麻痺してしまっていたようで、
 誰よりも雪と一体化して戯れておりました。
 
〇その後、これまでの生き方を反省し、改心したのか、名栗への下りは
 慎重かつ堅実な歩みが見られました。が・・・
 
083 086

 
 
 
 
 
 
 
 
 
〇喉元過ぎて、里へ下りればこの通り、いつものお調子は健在でありました。
 まあ、なにはともあれ、怪我もなく、めでたしめでたし。

|
|

« 行きはよいよい、帰りは・・・ | トップページ | 視野が広がりました »

「ランニング」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

いやぁー 若いってスバラシイですなぁ
中でも、高2のN西君きっと大物になるぞー。

好天が幸いして、雪上トレイル乱歩+
雪上滑り台を「シリセード」満喫とは・・。

投稿: 沼津アルプス | 2008.02.24 21:24

N西君はなかなかのムードメーカーですね(^^♪
みんな 雪上乱歩を楽しんでいる様子が伝わってきました。

息子をもって初めて、こういう写真をみると、引率の方には
本当に頭が下がりありがたいと感じます。
貴重な経験をさせてくださって、なお無事に怪我もなく帰してくださって。。
当たり前のことのようですが、
そんな「あたりまえ」が、どれだけ大変でありがたいことか。。
とまだ6歳の息子を持つ母は(笑)思ってしまうのです。

投稿: りんごママ | 2008.02.24 22:19

>沼津アルプス様
 
今の雨具は材質がいいこともあって、よく滑る。いいやらわるいやら。

投稿: moai | 2008.02.26 00:12

>りんごママ様
 
引率してもらっているのは実はわたくしの方でして・・・(笑)

投稿: moai | 2008.02.26 00:15

いわゆるTTRコースですか!

貴重な体験をできた生徒さん、うらやましいな!私も、タイムマシンにお願いして、moaiさんの生徒になりたいです。(チッ!無理かよ!)

投稿: くーたろう | 2008.02.27 01:43

>くーたろう様
 
部員不足の折、
入部を許可します!(笑)

投稿: moai | 2008.02.28 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/40244105

この記事へのトラックバック一覧です: 2/17 冷たい雪上トレ乱歩 〈青梅~名栗〉:

« 行きはよいよい、帰りは・・・ | トップページ | 視野が広がりました »