« 白木蓮 | トップページ | 刻々と »

2008.03.21

植村冒険館

先日、「荒川市民マラソン」に参加したその日、
せっかく近くまで行ったのだから、ということで、
立ち寄ったところが、 「植村冒険館」 。
 
001 そうです。
あの植村直己さんの偉業を紹介する記念館です。
 
私が、高校時代、山の世界に足を踏み入れた際に
最初に手にした文庫本が、
この植村直己の『青春を山に賭けて』(文春文庫)。
 
新田次郎の『孤高の人』(加藤文太郎)とともに
山登りへのめり込むきっかけとなった影響力の強い著作でした。
 
  
002003
 
004  
冒険館2階では、その足跡とあわせて
厳冬期のマッキンリーでの最後の雄姿と交信の声を伝える
ビデオが流れていました。
 
その階段途中に、興味をそそる一枚の大伸ばしした写真がありました。それは、稚内から日本列島3000km縦断の旅に出た際のワンショットです。
 
時代を感じさせるウェアに、さもない運動靴を履いてのいでたちでした。
 
42.195km・・・短い、短い!(笑)
発汗シャツに最先端ランニングシューズ・・・甘い、甘い!
 

|
|

« 白木蓮 | トップページ | 刻々と »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

マラソン完走。。そして
こんなプラスアルファが
楽しいですね!

ほんとだ。
昭和の匂いがする(笑)

最先端のシャツにシューズが欲しいな~
っと思っていた自分が
恥ずかしいです。

投稿: りんごママ | 2008.03.23 00:29

>りんごママ様
 
いやいや、植村さんは筆も選ばぬ「弘法大師」ですから特別ですよ。

投稿: moai | 2008.03.23 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/40590764

この記事へのトラックバック一覧です: 植村冒険館:

« 白木蓮 | トップページ | 刻々と »