« 雨降って地 緩む? 《表丹沢トレイル21km》 | トップページ | 薄紅のハナミズキ »

2008.04.22

大海原を望める山 《表丹沢トレイル21㎞》

H200422_013_2 先日の日曜日(20日)は、太平洋を眼下に望める丹沢山塊を舞台に行われた山岳マラソン、 《表丹沢トレイル21㎞》に参加してきました。

日本列島を春の嵐となって吹き荒れた気圧の谷もようやく東海上に抜け、久しぶりに汗ばむような陽気のなか、全長約21㎞の林道+登山道を2時間43分カメラ片手に眺望を楽しませてもらいました。
 
中でも、三ノ塔から二ノ塔にかけての表尾根からは相模湾の弓なりした海岸線を確認することができました。
 
それにしても、麓の水無川周辺は新緑のやわらかな色合いをして実にさわやかな景観を供していました。 
 
H200422_001 吊り橋上からスタート地点を確認!
小田急線の信号機故障による不通トラブルによって、約1時間スタートを遅らせて実施されました。
 
 
 
 
 
H200422_002 ここが、フィニッシュゲート。
21㎞山中をさまよってのち、無事に帰ってこられるでしょうか?
 
 
 
 
 
 
H200422_003 ちょうど、この日は 
「丹沢まつり」を兼ねた「山開き」の日でもありました!
 
 
 
 
 
 
H200422_004スタート近くのチューリップ畑。
ここは、平和にて候。
くれぐれもご用心! 
 
 
 
 
 
H200422_005  「今か今か」と相当気合いの入ったスタート地点。
とはいえ、この時点からさらに15分ほど待たされました。
 
 
 
 
 
 
H200422_006 林道の終点、牛首に到着。 
 
 
 
 
 
 
 
H200422_007 H200422_008

 
 
 
 
 
ここからは、登山道に入ります。
  
H200422_009H200422_010
 
 
 

 
 
みなさん、黙々と駆け上がっていきます。気合入っていますねえ。 
 
H200422_011_2 三ノ塔への急勾配を登り切ったところが表尾根。
ここからは、しばし尾根上散歩。 
 
 
 
 
 
 
H200422_014二ノ塔、通過 
 
 
 
 
 
 
 
H200422_016_2 ふたたび林道に出ました。
ここのエイドでのバナナは甘くて美味!
ありがとうございました! 
 
 
 
 
 
 
H200422_017_2 復路の林道から望む渋沢の街並とその向こうには太平洋が・・・。一気に急降下! 
 
 
 
 
 
 
 
H200422_018 H200422_019

 
 

 

渋沢駅前では、思いがけず、「足湯」のコーナーがありました。 
 
おかげさまで、パンパンに張ったふくらはぎも徐々にやわらかくなっていくようでした。

|
|

« 雨降って地 緩む? 《表丹沢トレイル21km》 | トップページ | 薄紅のハナミズキ »

「マラソン」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。表丹沢お疲れ様でした!!!
こんなにたくさん写真とりながら走るなんて
すごいですね!
楽しかった大会の記憶がよみがえります。
これからもトレイル楽しみましょう~♪

投稿: みき | 2008.04.23 13:31

なかなか楽しそうなトレイル大会ですね。写真がまた素晴らしい! しかも走りながら!

新緑いっぱいのスタート地点の麓の公園がステキ。一日中芝生でごろごろしていたい雰囲気です。
終わってからの足湯も、浮かべた八重桜が風情ありますね。

投稿: runrun | 2008.04.23 18:39

スタートが交通機関関連で随分と遅れたのですね。にも拘らず、眺望絶佳快適な2時間43分を楽しまれた様子がリポートから伝わります。
麓の水無川周辺にぜひ行ってみたい・・瑞々しい新緑のエネルギーを感じる映像です。

前日のクラス会に続いて、私も20日は、眺望絶佳の比叡山頂の「ガーデンミュージアム比叡」から陽光に煌めく琵琶湖を・・久しぶりの感動でした。此の日オープンの庭園美術館には、陶板絵画の野外展示と鮮やかな季節の花々がマッチしてとても素敵な時を過ごしました。小2~5ころ縁故疎開した思い出の地で、懐かしい恩師・友とあつい旧交を温め合えた幸せな二日間でした。

投稿: 幸せコスモス | 2008.04.23 22:17

やはり、面白そうな大会ですね。

足湯コーナーがよさげです。来年は出ようかしらと思いました。

水無川って、最初に連れてかれたのが中学生の頃の沢登りでした。当時は、怖くて、辛くて。それ以降、あまり丹沢には近づいてないような。今なら大丈夫?でしょうけど(笑)

投稿: くーたろう | 2008.04.23 23:17

>みき様
 
デジカメさまさまです。
軽量で失敗撮りを恐れることなく気楽にシャッターを押せるので楽しみの一つになっています。

投稿: moai | 2008.04.23 23:44

>runrun様
 
実際、スタート時刻が遅れて、どんどん気温が上がっていったこともあって、芝の上で、ゴロゴロしてしまいました。(笑)

投稿: moai | 2008.04.23 23:45

>幸せコスモス様
 
たしか、琵琶湖を囲む峰を結ぶトレイルランニング大会があったような…。

投稿: moai | 2008.04.23 23:49

>くーたろう様
 
わたくしも、まさかあの沢登りのメッカであり、かつ河原の石を積めてあえぎあえぎ上ったボッカ訓練の「丹沢」をこのように「さわやか」に駆け回ることになろうとは夢にも思いませんでした。(笑)

投稿: moai | 2008.04.23 23:52

はだのマラソンで一番つらい吊橋がスタート・ゴールなんですねえ。もっと辛そう(^-^; でも、これから新緑の季節、トレイルがいいですねえ。そろそろソロ、復活します。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2008.04.24 23:46

>野川のカルガモおとーさん様
 
それにしても、丹沢山麓「大倉」の変貌ぶりにはただただ驚くばかり。

投稿: moai | 2008.04.25 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/40966273

この記事へのトラックバック一覧です: 大海原を望める山 《表丹沢トレイル21㎞》:

« 雨降って地 緩む? 《表丹沢トレイル21km》 | トップページ | 薄紅のハナミズキ »