« 7/14-15 丹沢ボッカ隊、塔ノ岳へ! | トップページ | スイカと鬼百合 »

2008.07.16

歩荷(ボッカ} アルバム

14日(月)・15日(火)、
丹沢:大倉尾根にて行われた
歩荷(ボッカ)訓練合宿を振り返ってみます。
 
00414日、ベースとしたのは、夕立上がりの水無川「滝沢キャンプ場」。
周りには・・・
他のパーティはまったくいませんでしたので、
貸し切り状態でした。(笑)
 
 
 
 
 
 
002川の中には、小さなおたまじゃくしが・・・。
さて、部員の諸君は明日無事に成長を遂げることができるでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
005夕飯は何かな?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
006_2 ボリューム満点な
「麻婆茄子」丼でした!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
008 15日 5:20
いよいよ、馬鹿尾根、いや
「大倉尾根」に取り付きます。
背中に肩に腰に、
30kg近い重みがかかって
容易に前に進ませてはくれません。
 
 
 
 
 
010こうした平坦な部分は
ほんのわずかしかありません。
 
ホッと一息ついたのも
束の間・・・
 
 
 
 
 
 
011012014015

 017

永遠に続くのではないかという
急登に次ぐ急登が行く手を阻みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
013岩陰には涼しげな
「ヤマホタルブクロ」が、しばし癒してくれました。
 
とはいっても、部員諸君は注意を払うことすらできなかったでしょうが・・・。
 
 
 
 
 
 
019思えば遠くへきたもんだ。
 
遠く眼下には相模湾の洋上を望むことができました。
 
 
 
 
 
 
 
 
025
「花立」までたどり着きました!
おい、みんな!
あと山頂までわずかだぞ!
 
シ~~~ン
 
相当におつかれのようです。
 
 
 
029

1年生N君の名言(迷言)より。
 
「誰なんだ、この山つくったのは!」
 
「いっそ死んじまった方がずっと楽だ!」
 
「この山は『登り坂』しかないじゃないか!どうなってるんだい!」

 
(笑)
 
 
03311:20、
ちょうど、6時間かけてつかんだピークです。
 

 
 
 

 
 
 
031
塔ノ岳山頂に持ち上げられた
河原の大小さまざまな石、石、石。
 
 
 
 
 

 
 
これをもって、
月末の北アルプス縦走へ、準備OKとなりました。

|
|

« 7/14-15 丹沢ボッカ隊、塔ノ岳へ! | トップページ | スイカと鬼百合 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

そっか。。岩陰のヤマホタルブクロなんて
極限状態のときは 見る余裕ないですよね。。(>_<)

N君の迷言。。面白い~!!
でもそんな弱音を吐いても
最後まで頑張りとおしたのですね。。
立派立派!!(^O^)/
私なんぞ急登の連続を見ただけで
その場に座り込んじゃうかも。

時にはなだめ、時には励ましながら
いつも後ろから温かく見守ってくれる
moaiさんのお陰で
みんな頑張れたんでしょう。。(^^♪

関係ないけど。。(^^ゞ
14日のうちの夕食 同じマーボ茄子丼でした!^^
偶然ですねー(^O^)/
でもうちは写真のような美味しそうな
ワカメスープはついてなかったぞ!?(笑)
麦茶でごまかした私。。(家で作っているのに手抜き!!(^^ゞ)

投稿: りんごママ | 2008.07.17 10:50

頑張っているの良いです(笑)

最近、中高生ぐらいの男子って自分がやってきた範囲で理解できるし、傍目から見て成長具合が一番面白くもあり、頼もしいと思えるようになりました。

名(迷)言、とってもかわいいですね。男子の言葉にかわいいと思えるのは、自分が年取ったんだね、と思います^^;

投稿: くーたろう | 2008.07.17 22:07

N君、名言ですね!(笑)
ある意味、いろんな意味で山の奥深さが素直に伝わってくる言葉で真の名言かもしれませんよ(笑)

タイトルの文庫を2年の熟成の後(笑)読みました。。。コメントしようがありません。

moaiさんがタイトルにしたのが分かる気がします。

映画は見たほうがいいのか迷っています。。。

投稿: iyashi | 2008.07.18 08:33

>りんごママ様
 やっぱり、「麻婆~」のような中華ものには、「すまし汁」(スープ)が不可欠でしょう!(笑)
 
>くーたろう様
 N君のすぐ後ろについていた私は、それはもうおかしくておかしくて…。
ほんとうにかわいいですな。
 
>iyashi様
 観るか、大いに悩んでください!(笑)
 N君の言動に久しぶりに「クライマーズ・ハイ」を感じました。(笑)

投稿: moai | 2008.07.18 23:13

荷歩訓練の引率、お疲れ様でした。
三十数年前の夏の武甲山を思い出しました。
でも、今はアタックザックなんですね(当然か(^-^;)
黄土色のキスリングが懐かしい...

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2008.07.18 23:44

>野川のカルガモおとーさん様
 
「黄土色のキスリング」…
 
いい響きです。
なつかしいです。
思い出したくもありません。(笑)
 
今の子らは、きっとパッキンッグできないだろうなあ。
すぐに肩が痛いだの背中に当たるだのガタガタ言うだろうなあ。
 
アタックザックは、確実に機能性がアップし、背負いやすくしましたが、反面、パッキングの仕方をいいかげんなものにし、ひいては中身の荷物や食料の扱いまでもぞんざいにしてしまいました。

投稿: moai | 2008.07.20 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/41880160

この記事へのトラックバック一覧です: 歩荷(ボッカ} アルバム:

« 7/14-15 丹沢ボッカ隊、塔ノ岳へ! | トップページ | スイカと鬼百合 »