« 『トレイルランニングを楽しむ』 石川弘樹・著 地球丸 | トップページ | 11/23 《狛江わんぱく駅伝》 開催! »

2008.11.04

11/2-3 奥秩父:金峰山・瑞牆山

042 日の光を浴びて、黄金色に染まる落葉松林を抜け、花崗岩の白さがまぶしい奥秩父の森林限界にて、高校生らと初冬の風景をほしいままにしてきました。
本州のおへそに位置する奥秩父山塊。
天候に恵まれたうえに、この時季特有のクリアな視界に、富士・南ア・八ツをはじめ、遠くは北ア・御嶽・浅間まで見渡すことができ、地図要らずな二日間でした。
 
 ← アルバム51枚を掲載しました
 
 
〈11月2日〉瑞牆山荘~富士見平~(瑞牆山ピストン)「すき焼き」てんこ盛り
001  
 
 
 
 
 
 
 
 
瑞牆山荘からひと登りすると、落葉松林の向こうに「瑞牆山」の岩峰が迫ってきます。
 
004  
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、富士見平にテント設営です。
 
006  
 
 
 
 
 
 
 
 
瑞牆山は、岩の山。
小枝がその大岩を支えていました。(笑)
 
009  
 

 
 
 
 
 
 
八ヶ岳をバックに、高校生の精鋭部隊を記念撮影です。(笑)
 
010  
 
 
 
 
 
 
 
 
大ヤスリ岩の向こうには南アルプスの白峰三山の稜線が・・・。
 
012  
 
 
 
 
 
 
 
 
もう何も申し上げることはございません。
 
015  
 
 
 
 
 
 
 
 
浅間からは、噴煙が立ち上っていました。
 
024  
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の名残が燃えています。
 

027  
 
 
 
 
 
 
 
 
さすが、富士見平です。
黄金色した落葉松林のその向こうに・・・。
その後、夕餉は、ボリューム満点の「すき焼き」をたらふくいただきました。
 
 
 
〈11月3日〉富士見平~(金峰山ピストン)~瑞牆山荘「昔なつかしコロッケパン」
030  
 
 
 
 
 
 
 
 

明けて今日は、金峰山を目指します。(「大日岩」にて)
 

039 
 
 
 
 
 
 
 
 
「五丈岩」が目前に迫ってきました。
 
041  
 
 
 
 
 
 
 
 
金峰山に無事到着!
このあと、T君(1年生)とっておきの凍えた〈蜜柑〉をいただきました。(笑)
 
048  
 
 
 
 
 
 
 
 
八ヶ岳に向かって急降下。
 
056  
 
 
 
 
 
 
 
 
山はみんな「冬籠もり」の準備をしていました。
無事、下山後の韮崎駅では、昔なつかしい特大コロッケパンが空腹を満たしてくれました。
 
ところで、この季節の「落葉松」といえば・・・。
 
 

 落葉松    北原白秋
 
      一
 
 からまつの林を過ぎて、 
 からまつをしみじみと見き。 
 からまつはさびしかりけり。 
 たびゆくはさびしかりけり。


      六

 からまつの林を出でて、
 浅間嶺にけぶり立つ見つ。
 浅間嶺にけぶり立つ見つ。 
 からまつのまたそのうへに。


      八
 
 世の中よ、あはれなりけり。 
 常なれどうれしかりけり。 
 山川に山がはの音、 
 からまつにからまつのかぜ。

|
|

« 『トレイルランニングを楽しむ』 石川弘樹・著 地球丸 | トップページ | 11/23 《狛江わんぱく駅伝》 開催! »

「登山」カテゴリの記事

コメント

いいですねー! 大好きな山々です。私もこの週末、瑞牆山~金峰山へ出かけようかなーとも思っていました。結局行かれなかったけれど。
今頃の錦秋の唐松林がお気に入りです。
大ヤスリ岩は二度ほどてっぺんに登る機会がありましたが、楽しかったですよーーー!

ちょっと寒くなりましたが、お天気良かったし、若者君たちも大満足だったでしょう。

投稿: runrun | 2008.11.04 21:36

この度は、奥秩父の岩山を踏破されたんですね。
氷も張ってた金峰山のシンボル五丈岩も、誰が積んだか(笑)・・挑発的で男性的な岩肌だ。
巨岩を支える小枝たちも大したもんだ(笑)。
昨秋の「八ヶ岳」とは相向かいの山からの眺めもいいもんですな。
天候に恵まれて視界良好、地図要らずとはラッキーでしたね。
わたくしも、千曲川源流をめざしてみたいと思っています。
金峰山・瑞牆山の北、長野県側からぜひとも。

投稿: 沼津アルプス | 2008.11.04 22:08

ワタクシも もう何も申し上げることはございません(笑)

主人と一緒に「はぁ~」とタメ息をつきながら 
見させていただきました。

あんな素晴らしい景色。。
頑張った人への 最高のプレゼントですよね?

同じ頃。。うちは奥多摩の先に紅葉狩り。
黄金色の山々に囲まれて リフレッシュしてきました~

投稿: りんごママ | 2008.11.05 18:03

○○○高校ワンゲル部ブログのコメント欄を読み終えて、今、わたくしは熱い感動を抑え切れません。それは~~~
今回参加のT君のクラスメートからの投稿文です。
T君が「ワンゲル部員」であることに誇りをもっていること。
ワンゲルに「競争」はないが、「勝負」はある。と断言し・・それに挑み、結果を出せるのは「自分自身」であること。
なんと、一年生部員でありながら、既にもう立派に『岳人』ではありませんか!!
まだ場を踏んだ数は少ないながら、仲間たちとの「体験」から得られたものが如何に充実していたかが伝わります。
投稿されたクラスメート君の、T君を見つめる友情の眼差しにも温かみが溢れていて感動しました。
これからも『文武両道』プラス思考の高校生活を大いに楽しんでくださるようにと願いつつ・・。

投稿: 幸せコスモス | 2008.11.05 22:01

>runrun様
夜中にテントを打つカサカサという音。
思わず、「新雪か!」と跳び起きてみれば、落葉松の針状の枯れ枝が次から次へと風に揺られて落ちてきているのでした。
この季節、本当にいいですね。

投稿: moai | 2008.11.05 23:41

>沼津アルプス様
千曲川ですか。
この冬は、千曲をさかのぼりますか!(笑)

投稿: moai | 2008.11.05 23:43

>りんごママ様
奥多摩も熊が人を襲うようになってきましたから、ご注意を!

投稿: moai | 2008.11.05 23:46

>幸せコスモス様
ご指摘のT君とやら、
ずいぶんとお若いのに悟っていらっしゃる。
気障でロマンチストで、若い頃の誰かさんによう似てるような…(笑)

投稿: moai | 2008.11.05 23:51

コロッケパンは韮崎駅のパン屋さんでしょ。
その日は私も鳳凰へ行きましたが、韮崎からのお客さんは奥秩父の方が多いと聞きました。
テントにしても良い所に山小屋があって便利ですね。

投稿: shimo | 2008.11.14 13:49

>shimo様
 
そうです。韮崎駅の構内にあるパン屋さんです。切符売り場に漂ういい香りに思わず誘われました。
 
富士見小屋のオヤジさん、連休ということもあって、ビールを懸命にボッカされていました。ありがたや!(笑)

投稿: moai | 2008.11.15 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/43007317

この記事へのトラックバック一覧です: 11/2-3 奥秩父:金峰山・瑞牆山:

« 『トレイルランニングを楽しむ』 石川弘樹・著 地球丸 | トップページ | 11/23 《狛江わんぱく駅伝》 開催! »