« 夢中になれること | トップページ | 11/2-3 奥秩父:金峰山・瑞牆山 »

2008.11.01

『トレイルランニングを楽しむ』 石川弘樹・著 地球丸

Photo  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
待望の一冊を入手しました。
 
その名の通り、
トレイルランニングを
「究める」でもなく、
「より速く」でもなく、
「レースに勝つ」ためでもなく、
 
あくまで、「楽しむ」ための指南書です。
 
「(トレイルランニングは、)野の風、木々の匂い、土や枯れ葉の感触を味わいながら走り、自然を体感できるスポーツです。」 (データベースより)
 
同種のガイド書や雑誌が、「レース」を前提にした内容となっているのに対して、 「自然へのアプローチ = 自然との一体化」 を目標としている唯一の本といえましょう。
 
その証拠に、中を開けば、
 
◇山を走って見えてくるもの
歩いたってかまわない
近所を少し走ってみよう
◇レース楽しむ
道に迷わないために
帰ってきたら ・・・・・ etc
 
 
つくづく、石川弘樹という男・・・
自然を前にしてどこまでも謙虚でありつつ、実に肩の力が抜けた柔軟性あふれる(アスリート的)ナチュラリストと再認識いたしました。

|
|

« 夢中になれること | トップページ | 11/2-3 奥秩父:金峰山・瑞牆山 »

「ランニング」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

>野の風、木々の匂い、土や枯葉の感触~~~

じっとしては居られなくなりました。
紅葉真っ盛りの信州山中の「山小屋」へ直ぐにも行かなければ。
途中、右手に山容を誇る『浅間山』も冠雪したことだし・・小屋の冬支度を急がねばなりません。
信州の山も野も川も、四季折々の表情が豊かですし、訪れるたびに自然が『活力』をいっぱい与えてくれます。

霜月に入り、木枯らし1号が東京を吹き抜けました。自然の歩みは着々と・・。

投稿: 幸せコスモス | 2008.11.01 23:18

良いですねー。

好きな場所を歩くも、走るも一緒のはずなんですよねー。

不本意なんですけど、アドレス変更ありました。ごめんなさい。

投稿: くーたろう | 2008.11.01 23:42

>幸せコスモス様
 
>じっとしては居られなくなりました。
 
そうなんです。この「じっとして居られなくな」った結果として、走り出す、それがトレイルランニングだと、石川さんは規定していらっしゃるんですね。

投稿: moai | 2008.11.04 12:24

>くーたろう様
 
そうそう、景色のいいところ、何か動物の気配、・・・そんなところではじっと静かにたたずむのもまたよし、ですよね。というかそれが至極自然のこと。

投稿: moai | 2008.11.04 12:27

すいません(汗)

気づいたらアドレス前のままでした。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: くーたろう | 2008.11.04 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/42977139

この記事へのトラックバック一覧です: 『トレイルランニングを楽しむ』 石川弘樹・著 地球丸:

« 夢中になれること | トップページ | 11/2-3 奥秩父:金峰山・瑞牆山 »