« 『八日目の蟬』 原作&映画 | トップページ | 風薫る「高尾山・城山」へ »

2011.05.09

『岳』

北アルプスの白馬三山や不帰ノ瞼を背景にした八方尾根。
国内第3位の標高を誇る奥穂高岳や槍ヶ岳へ続く日本のオートルート。
特撮のクレバスシーン以外のこうした風景は、登攀意欲をそそる映像の連続でした。
 
そもそも、感動や達成感といったものとリスクは背中合わせなもの。
だからといって、冒険と無謀との区別はきちんとつけなければなりません。
ゆえに、いかに周到な準備と計画を練ったか、さらに自らを鍛え律したか、そしてなにより登らせていただいているという謙虚さを持ち続けているかにかかっているように思います。
 
 
主人公の島崎三歩が問います。
 
 「山に捨てちゃ(落としてきては)いけないものは?」
 
 
 
そう、もちろん「ゴミ」と「・・・」ですね。
 
 
    → 公式サイトは、こちら
 
 

1024_768_04
 
          八方尾根から五竜・鹿島槍方面を望む図です
              (公式バナーをダウンロード)
             …おそらく3~4月の頃でしょう…
               春山合宿が懐かしいです

|
|

« 『八日目の蟬』 原作&映画 | トップページ | 風薫る「高尾山・城山」へ »

映画」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

コメント

日本アルプスの壮大さと美しさ!!
ある意味では、山って、究極の「アナログの世界」ですよね。
ゆえに、ねむっていた部分も総動員して「人間の五感」が冴え渡る・・・すごい!!

「山で捨てちゃいけないものは、ゴミと 命 」

その「命」を救うための救助隊の英断と勇気と優しさに感動です。
人間とは・・・何か?
あのデッカイにぎり「男めし」の味が恋しい・・そう、男めしでしっかり生きていきましょう。

投稿: 幸せコスモス | 2011.06.03 01:02

>幸せコスモス様
この土日、若い連中と「男メシ」を食べに
山に出かけてきます!

投稿: moai | 2011.06.04 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/51629397

この記事へのトラックバック一覧です: 『岳』:

« 『八日目の蟬』 原作&映画 | トップページ | 風薫る「高尾山・城山」へ »