« 7/30-31 富士山 | トップページ | 生命の讃歌 2012夏:安曇野&常念岳 »

2012.08.23

8/5-10 北アルプス:薬師岳~五色ヶ原~立山

Imgp1520

Imgp1462

Imgp1525

今年の夏山は、北アルプスの盟主「薬師岳」から、高山植物の宝庫「五色ヶ原」を経て、日本三霊山の「立山」まで、標高2000mから3000mの稜線を南北に縦走いたしました。

下界はいまだ夏の猛暑がつづいていますが、山上はこの時すでにチングルマも次第に綿毛に姿を変えつつあり、沢の源頭にはキリンソウミヤマトリカブトなど秋の花々が目立ち、短い夏を惜しんでいるかのようでもありました。

テント持参の自炊生活は、そんな山々の地肌に直にふれる機会を実現してくれます。
このたびも高校生たちの手作りによる男メシに支えられて無事歩き通すことができました。

稜線の所々で姿を現してはわれわれを先導してくれた雷鳥の親子ともども、がんばった若い人たちに感謝です。
 

     ★ アルバム (62枚) ★

 
 
 
 

|
|

« 7/30-31 富士山 | トップページ | 生命の讃歌 2012夏:安曇野&常念岳 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

高山植物は 気持ちにゆとりを与えてくれますね・・(*^_^*)
がんばった人たちだけに 贈られる
素晴らしい景色ばかりに。。感嘆。

高校生たちも moaiさんに 感謝の気持ちでいっぱいのことと思います。
この夏は 色々な山のニュースがありましたから 無事に元気に帰ってこれること。。
そのことが 素晴らしいと思います。

投稿: りんごママ | 2012.08.25 15:55

りんごママさま

たとえば、紫色したイワギキョウなどは、その名の通り、なんでこんなところにという急峻な岩陰に人知れず咲いていたりするんです。でも、そんな心配をよそに、片やなんでこんなところにという高地を飛ぶことのできる高山蝶や岩ヒバリなどがちゃんと種子を運んであげているんですね。
そんな姿を目の当たりにすると、自分はただ登って下りてそれだけで何の役にもたっていないなあと思ったりもします。(笑)

投稿: moai | 2012.08.25 16:28

雄大な日本の夏山・・その山肌に抱かれた高校生とmoaiさんの夏山合宿2012・・
恒例、OB差し入れの巨大スイカの重さと美味。
雲上の先導者の丸々とした雷鳥の姿。
五色ケ原の高山植物・花々。
moaiさん率いるメンバーのスパイスばっちり効いた「男メシ」。

貴重な沢山の映像から、北アのダイヤモンドコース縦走の大成功を祝福いたします。

投稿: 沼津アルプス | 2012.08.25 22:19

沼津アルプス様

今年は「巨大スイカ」はありませんでしたが、代わりに「甚大なプレッシャー」を差し入れていただきました。(笑)

投稿: moai | 2012.08.25 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70689/55486219

この記事へのトラックバック一覧です: 8/5-10 北アルプス:薬師岳~五色ヶ原~立山:

« 7/30-31 富士山 | トップページ | 生命の讃歌 2012夏:安曇野&常念岳 »