2015.09.10

青い鳥

あの向こうにはどんな世界が広がっているのでしょう?
はたして「青い鳥」を見つけることができるでしょうか?

10265485_924485007626529_1327245281


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.08.22

ゆく夏を惜しむ

Img_4635a

今宵は、地元多摩川で行われた花火大会へ。
今年は、多摩川の河畔にあたる調布、川崎、そして世田谷(二子玉川)の三つ巴。
実に贅沢な饗宴が、ゆく夏を惜しむようにしきりに夜空を焦がしていました。
 
五部構成のフィナーレは、『レミゼラブル』の「I dreamed a dream(夢やぶれて)」に合わせてボルテージも最高潮。

 
★ 動画(約2分半)

注)なお、エンディングで画面が乱れているのは、大きなカマキリが、やはり花火に興奮したのか、草むらから突如わたくしの顔に飛んできたためですので、あしからずw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.07.31

BLUE MOON

大学での勉強会の帰途、見上げるとそこには「まんまるお月さま」。

きけば今宵は、3年に1度の〈BLUE MOON〉!
ひと月に二度も満ちるこの希有な天体ショーは、まさに“once in a blue moon”。
  ...
昨日は、足がガタガタ。
今宵は、こうしてデジカメを構える腕がブルブルしていますw

11825959_902271846514512_1969470242

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.03.17

菜の花や…

菜の花や「我は呑屋に」日は西に      不遜(笑)

                   @ 三鷹市 花と緑の広場

11045307_825989707476060_7966704296

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.02.21

もっと光を!

待ちに待った「ルーブル美術館展」へ。
初来日の「天文学者」(フェルメール)に差し込む光に飽きたらず、「台所の情景」(ドロリング)や「物乞いの少年(蚤をとる少年)」(ムリーリョ)を照らす光にも心ひかれて、時の過ぎるのをしばし忘れてしまいました。
外に出てみれば、ミッドタウンには夕闇が迫っています。
もっと光を!(笑)

場所: 国立新美術館

988889_813089342099430_481540607637

10406905_813089362099428_8874310813

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.07

お陰様で「合格」をいただきました!

P9077049

ご報告いたします。

このたび、「精神対話士」の資格選考試験の結果、おもいがけなく「合格」をいただきました。「精神対話士」とは、あの養老孟司先生が顧問をつとめる協会が認める専門職で、クライアント(患者)の声にひたすら耳を傾け心に寄り添いつつ少しでも希望の灯を点すことを目的としたメンタルケアスペシャリストです。
 

 

今年に入ってから、期するところあってひそかに、週末を中心に「学生」に還ったつもりで医学から哲学にいたるまで、幅広くその道の権威が語る講義に参加してきました。しかも、その場所は東大駒場キャンパス。おのずとモチベーションも高まりました。
 

その間、いくつかのレポート作成や課題作文などに取り組み、ロールプレイなど、実践的なトレーニングの機会も積み、同じ志をもった方々とともに刺激し合いながら勉強をしてきました。
 

なかなか、仕事をしながら、かつ山歩きもしながら(笑)の日々は正直きついときもありましたが、「学ぶ」ことの楽しさがそれを乗り越える力を与えてくれました。
 

そして、この夏、集団・個別の口頭試問を含む選考試験。

なにしろ、合格率が10%前後という難関ゆえダメもとで臨みました。もっとも、結果がどうあれ、この間に学び得たことだけでも十分に勉強となった貴重な時間でしたが、お陰様で「合格」をいただくことができ、今はこの取り組みをあたたかく見守ってくれた家族に感謝するとともに、あらためて身の引き締まる思いに包まれています。
 

これからは、有資格者として休日など時間の許すかぎり、被災者や不治の病に苦しむ人、さらに不登校の若者や自殺願望のある者など、心になんらかの悩みを抱えていらっしゃる方々に、少しでも希望を与えられるよう「寄り添う」お仕事をさせていただくことになります。
 

そうして出会うことになろうクライアントのみなさんと過ごす貴重な時間がまた、わたくしにとってかけがえのない「学び」の機会となるにちがいありません。
 
 

そうした意味からも、この「合格」は、また新たな「学び」のスタートラインに立つことを許されたものと考えています。
 

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014.07.19

急がば「ねじれ」

Photo_2

このたび、学内の機関紙に拙文を載せていただきました。

「捩花」とともに「勿忘草」として…

続きを読む "急がば「ねじれ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.03.10

少しずつ「春」へ

まだ山上はしっかり雪が道を埋め尽くしていますが、
一方、下界の梅の梢では、春を一足早く告げるメジロがしきりに啄んでいました。

この季節、いずれにしても走りをいったん止めて、その景色に魅入ることが多くなりました。

Dsc_0005

小仏城山にて都心の方角を望む

Dsc_0008

Dsc_0012
白梅・紅梅ともに神代植物公園にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.02.04

ありがとう

H170504

170504_003

1399556751170

幼かった子どもらとともに、
そして家族の一員として
ともに過ごした15年間。
 

いま、ありったけの感謝の気持ちをこめて…ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.01.01

新たな気持ちで

Ncm_0103
            日本平の茶畑にて


    あけましておめでとうございます
    本年もよろしくお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧