2010.04.03

久しぶりに小学生とサッカー!

かつてお手伝いしていた地元の小学校へ。今日は、新4年生8名と、そのお父さんたち4名、さらに懐かしい卒業生2名とともににぎにぎしく世代を越えて一つのボールを追い掛けました。
かれこれ2年ぶりかな。グランドの一部が天然芝に変わったり、ラインカーの倉庫が移動していたりしましたが、緑色のユニフォームに身を包んだ元気なチビッコたちやそれを見守る満開の桜はそのまま。
エッ、肝心な私のボールさばきですか?ご想像におまかせします。少なくともうるさいおじさんがきたなあと子どもたちは感じたことでしょうね。これ、不変か。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009.06.03

FC東京の「我が子」をよろしく!(笑)

014 先日、ジェフとの一戦にて先発デビューを果たした
FC東京田邉草民(ソウタン)選手が、
今宵、国立競技場でのホームゲームにて青赤のユニフォームに身をつつみはつらつプレーを見せてくれました。
 
思えば、わずか数ヶ月前の「全国高校選手権」のピッチに彼は立っていました。
巧みなボールコントロールとドリブルを武器に相手プレーヤーを翻弄するプレーは華麗そのものでした。
そんな彼がプロの世界でどこまで通用するのか、楽しみでありましたが
こんなにも早くその勇姿をピッチ上に見ることができるとは・・・感激です。
 
どうぞ、みなさまも
FC東京 背番号27 MF
田邉 草民 (たなべ そうたん) 選手

熱い声援をよろしくお願いいたします!
 
008020023024025030033035

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008.11.15

高校サッカー 都大会決勝戦へ行ってきました!

025_2 どんなにクサイと言われても、「青春」を感じる瞬間というものはいいものです。
 
高校生たちに、あらためて勇気を元気をもらいました。
 
片道約20kmを駆けて往復した甲斐がありました。
(自転車ですけれど・・・笑)
 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.08.28

「サッカー」な二日間

002003004005006007

 
 
 
 
 
昨夜は「国立」へ。(Jリーグ)
今夜は「駒沢」へ。(高校サッカー)
 
036037042 
 
 
 
 
 
 
 
やはりスポーツは「生」で観るにかぎる。
ちなみにビールも「生」だ!
 
連日連夜でナイスゲームを目の当たりにして、
我、思う。
 
「今度生まれてきたら、絶対に『サッカー選手』になってやる!」 (笑)
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008.04.27

思い切り「都心」な一日。

001 久しぶりに長男坊の高校サッカーを観戦。
フリーキックしたり、
シュートしたかと思うと、
最終ラインでディフェンスしたり、
グラウンド狭しと縦横無尽に
ラストシーズンの開幕戦を
十二分に満喫しているようでした。(笑)
 
その後は、駒沢公園近くのグラウンドから、一路「六本木」へ。
 
006 「国立新美術館」にて行われている絵画展「光風会展」を鑑賞。
というのも、カミさんの恩師の遺作が展示されていますので・・・。
 
その先生の作品も含め、全体的に抽象画ではなく正確無比な写実の追求をそこに嗅ぎ取ることができました。
 
そして、そのお隣のホールでは、なんとあの
「モディリアーニ展」が開催されていましたので、寄らない手はないということで、やや首を傾げつつ無表情な表情を特徴とするモディリアーニとも出会ってきました。
 
002003 
 
 
 
 
 
 
 
途中、工事現場のフェンスにこんなおもしろいものが・・・。
 
思わず6m下がって視力検査してしまいました。
 
 
 
004しかし、最先端をゆくこの街も
ひとたび裏の路地にはいると
こんな情緒ある閑静な「長唄」のお屋敷が。
屋根上のネコもようやくGWに入ったようで、のんびりしていました。
 
 
 
008009  
 
 
 
 
 
 
 
そして最後は、5周年を迎えた「ヒルズ」へ。
 
思い切り「都心」な一日を過ごしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007.11.20

体育会系な休日

昨日は、実に体育会系な日曜日でした。
 
H191118_007 まずは、朝から地元で小学生のサッカー大会へ顔を出しました。
ウォーミングアップは、ちゃっかり子どもらと。
 
しっかり身体があたたまったところで、一路神宮へ。
「世田谷ハーフ」への未練もあってか、
自ずと国道246号線を進路に選んでいました。
 
 
  
H191118_054 秩父宮ラグビー場では、熱い熱い身体と身体のぶつかり合いを
手に汗にぎりながらあたたかな陽だまりのバックスタンドで観戦。
 
第2試合終了の頃から頭上がにわかに騒々しくなってきました。
見上げれば、ヘリコプターがゆっくりと近づいてきます。
 
 
 
H191118_069 その音に応ずるように、
絵画館前のいちょう祭りの賑わいを抜けて国立競技場へ。
そこで、「走った距離は裏切らない」ところの走りの真髄を
目の当たりにすることができました。
 
至極単純なわたくしは、
まともに影響を受けたのか
競技場を出る際にはあたかもマラソンの長い旅路に発ったかのよう。
 
そのころから吹き付ける風が強さと冷たさを増してきたのでした。
 
  木枯らしにせなを押されて家路かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007.07.07

少年に還る日、前夜。

明日、次男は大事なサッカーの試合がひかえています。
一方、わたくしも負けじとまた楕円球を追いかけることになっています。

サッカーもラグビーも
「少年を紳士にする」といわれますが、
どうやら逆もまた真なりであるようです。

恥ずかしながら、いま、寝床の横には明日袖を通すことになっている神聖なるジャージをはじめ、ヘッドキャップやマウスピースに至るまで並べてあります。
おそらく、今宵夢の中では、出来過ぎのイメージトレーニングとして、トライの山を築いたかと思うと、相手の突破をいくどとなくえぐるようなタックルで阻止していることでしょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007.06.06

チャンス

昨夜のキリンカップサッカー。

なかなかアグレッシブな試合内容で観ていておもしろいゲームでした。

しかし、勝敗の結果はドロー。

 

そんな前後半90分間の中で、決定的なチャンスがめぐってきたのは後半に入って15分ぐらいでしたでしょうか。

ドイツでも活躍している頼れる19番が左サイドから切り込んで右へパス。その後厳しい相手ディフェンスのチェックの中を見事なまでに流れるようなパスワークで3人がつなぎ、最後は右サイドを走りこんできたストライカーに丁寧なラストパス。しかし、シュートは非情にもゴールの枠外へ。スタンドは大きなため息に包まれたのでした。

素人目にみても、この一連のプレーは個人技によるものではなく、チームプレーとしてのサッカーのお手本のようなお見事な連携だったと思います。それだけに、得点につながらなかったのはかえすがえすも残念でなりません。

 

おそらく・・・

 

続きを読む "チャンス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006.06.23

「疲れていただけです」

前略 中田英寿様

多くを語りますまい。

「90分」以上に心に響いた試合後の「10分」間でした。

 

「全力」とか

「死力」とか

「一所懸命」とか

「一生懸命」とか

「苦しい」とか

「悔しい」とか

それでも

「力の限り」とか

「燃え尽きるまで」とか

 

続きを読む "「疲れていただけです」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006.04.30

公式戦 初出場 初勝利 !!!

H180430_003 今日は、長男の「高校サッカー」デビュー戦を応援しにいきました。

なにしろ創立2年目の高校ですから、創部2年目、公式戦初出場の初陣ゆえ3年生不在の厳しい状況でした。

が、しかーし。

念願の公式戦出場といううれしさもあってか、ベンチも応援席も、さらには途中から立ち上がって激をとばしていた校長先生の熱い思いがイレブンに通じたのか、0対2のビハインドを奇跡的に追いついてPK戦へ持ち込み、見事に逆転勝利を決めました。

 

それにしても・・・

続きを読む "公式戦 初出場 初勝利 !!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|