紅葉の谷へおりてゆく・・・といった感じの下りでした。