ここを懸命に這い上がってくる親ガメを想像したら、もっとがんばらねばという気持ちが湧いてきました。