いよいよ、「西部林道」に入りました。それは同時に、野生動物の王国内に入ったようなものです。