やはり、情熱的な咲きっぷりですね。